転職後に頑張りすぎない7つの理由 あなたのペースで働こう

転職後、仕事を頑張りすぎない7つの理由

<転職後に頑張りすぎない7つの理由>

  1. 新しい環境に慣れるのに時間が必要
  2. 長期的なパフォーマンスを維持するため
  3. 疲れやストレスの蓄積を防ぐため
  4. 創造性を引き出すため
  5. 自己成長とスキル向上のため
  6. ミスを防ぐため
  7. 幸福感と生活満足度を上げるため

転職後はついつい頑張りすぎてしまいます。

「使えない人だと思われなくない」

「みんなから認められたい」

早く職場に馴染みたい気持ちはわかりますが、頑張りすぎて体と心を壊しては元も子もありません。

マラソンでいきなり全力疾走する人はいないでしょう。体力が持たないですから。

転職後も同じです。頑張りすぎずに「自分のできること」を客観的に見極めて、長期的な視点で仕事に取り組みましょう。

あなたのペースで働くと、長く勤められますよ。

この記事を書いた人

名前:介護おじさん
年齢:42歳
資格:介護福祉士、介護支援専門員
☑介護士歴14年目

☑介護施設のリーダー職

☑ブラック企業からホワイト企業に転職

☑介護職のためになる情報を発信中

筆者の詳しい経歴はこちら

スーパーの精肉担当(超ブラック企業)
 毎日6時~21時までの長時間労働で体力の限界

本屋の店長(普通の企業)
 面接など職員の採用にかかわるが会社倒産

ITの会社で営業(超ブラック企業)
 きついノルマ・飛び込みの営業で精神消耗

CADオペレーター(ブラック企業)
 休みなし、こき使われまくりで精神崩壊

福祉用具専門相談員(ブラック企業)
 上司のパワハラがエグすぎて精神の限界

介護士(ホワイト企業) ☚今ここ
 転職の失敗を繰り返して介護士に落ち着く

当ブログの信頼性

当ブログは、複数のメディア様より

”おすすめのブログ”として紹介されています。

紹介された記事

MIRAISTEP介護士の人気ブログおすすめ10選【介護福祉士が解説!】

カイテク・メディア介護・看護に役立つ情報が知れるおすすめブログ・メディア23選!

目次

転職後に頑張りすぎない7つの理由

頑張らないイメージ画像

<転職後に頑張りすぎない7つの理由>

  1. 新しい環境に慣れるのに時間が必要
  2. 長期的なパフォーマンスを維持するため
  3. 疲れやストレスの蓄積を防ぐため
  4. 創造性を引き出すため
  5. 上司や同僚に頼りましょう
  6. ミスを防ぐため
  7. 幸福感と生活満足度を上げるため

新しい環境に慣れるのに時間が必要

仕事に慣れるには時間が必要です。これが大前提。

努力でカバーできる部分もあるかもれませんが、たいていは時間が解決してくれます。

長く働いていると、嫌でも仕事を覚えるので、最初から頑張りすぎる必要はありません。

慣れない環境で頑張りすぎると、空回りして大きなミスをしてしまいます。

まずはゆっくりと新しい環境に慣れることを優先しましょう。

長期的なパフォーマンスを維持するため

冒頭でもお伝えしましたが、マラソンでいきなり全力疾走する人はいません。

なぜなら、長期的なパフォーマンスを維持するためです。

短期のアルバイトではなく、これから何十年と続く仕事なのですから、頑張って全力疾走するよりも周囲のペースに合わせて走りましょう。

残念ながら、全力疾走で疲れてリタイアしてしまう人がいます。

仕事は長距離走だと自分に言い聞かせて、長く続けることに集中してみましょう。

疲れやストレスの蓄積を防ぐため

慣れない職場で働いていると、気疲れしてしまいます。

転職後のストレスがかかる環境で頑張りすぎると、体を壊す原因になりますよ。

疲れやストレスが溜まると以前の職場と比較して「前はこんなに疲れなかった」「転職に失敗した」と考えがちです。

「前の職場より疲れる、ストレスが溜まる」=「転職の失敗」ではありません。

ただ環境に慣れていないだけですから。

疲労が蓄積し、仕事のパフォーマンスが低下します。

十分に休息を取り、休日は趣味や好きなことをして、リフレッシュしましょう。

昼休みに外の空気を吸って、深呼吸するだけでも気分転換になりますよ。

ぼくは休憩中に読書をして気分転換しています。

閉鎖的な職場で働いていると気が滅入るので、自分でメンタルをコントロールしながら働きましょう。

創造性を引き出すため

仕事以外の経験で新しいアイデアがひらめいたり、複雑な問題に対処するための視野が広がります。

仕事を頑張りすぎるのではなく、仕事はほどほどに、遊びを頑張るくらいの意識で創造性を引き出しましょう。

遊び心が大切です。

子どもと一緒に遊ぶと、大人にはない視点に気づかされたり勉強になりますよ。

ぼくには小学生4年(男)、小学2年(女)の子どもがいますが、アイデアをくれる師匠だと思って一緒にバカな遊びをしています。(妻は呆れていると思いますが……)

とくにレゴブロックをすると、色々な刺激になります。子どもには大人にはない自由な発想がありますからね。

仕事ばかりにならず、子供と関わる時間くらいは確保したいですね。

自己成長とスキル向上のため

仕事を頑張りすぎると、自己成長やスキル向上のための時間や余裕が失われます。

成長するために自己啓発や学習の時間を確保することは重要です。

外部研修に参加することで知見が広がったり、資格を取得することで自分自身に対する信頼感が高まります。

スキルが向上すると仕事に対して自信がついたり、自己肯定感を向上させることができますよ。

単に仕事ができるようになるのではく、人間として成長できるように時間を使いたいですね。

ミスを防ぐため

頑張りすぎると周りが見えなくなり、判断力や冷静さを欠いてしまいます。

頑張りすぎる新人がミスを連発するのはあるあるですねよ。

ミスしないためには客観的な視点が大切です。

「めっちゃ頑張っている」と思ったら「視野が狭くなっていないか?」と自分自身に問いかけて、冷静に仕事を進められるように一度立ち止まってみましょう。

とはいえ、誰でも最初は失敗をします。失敗しても自分を責めないでください。

失敗から学んで成長するのですから。

幸福感と生活満足度の向上のため

転職したのは、新しい職場で頑張るためではありません。

あなたが、今までよりも幸せになるためです。

転職後に頑張りすぎると疲弊して、幸福感や生活満足度が低下します。

転職して幸福度が下がったら「何のために」転職したのかわからなくなりますね。

あくまでも「自分のために転職した」ことを意識して、無理のないペースで働きましょう。

転職後に頑張りすぎないコツ

コツを解説するイメージ画像

これまでの解説で、頑張りすぎない理由はわかった。

だけど「頑張らないと『やる気がない』と思われるのではないか?」と不安になるかもしれませんね。

大丈夫です。

チームに必要なのはひとりで頑張る人よりも、周りと協力して働ける人です。

肩の力を抜いて、チームに馴染むことを第一に考えるといいですよ。

あなたはチームの歯車です。

ひとつの歯車だけ動いても、チームとしては機能しません。

協調性を大切に、みんなと波長を合わせることを意識しましょう。

上司や同僚に頼ろう

転職したばかりでわからないことも多いはずです。

上司や同僚に頼って、わからないことはどんどん聞いてください。ひとりで抱え込んで頑張りすぎないことが大切です。

”仕事ができる人”だと思われたいために、ひとりで頑張りすぎるのは逆効果ですよ。

ひとりで頑張りすぎると「相談や報告ができない人」というレッテルを貼られてしまします。

チームに求められるのは「才能のある個人」よりも「協調性」です。

経験があったり、自信があるからといって自分の判断で動くよりも、周りとコミュニケーションを取りながら仕事を進めましょう。

とはいえ、パワハラ上司や意地悪なお局がいることもあります。

人間関係に悩んだときには、下の記事を参考にしてください。

パワハラを許さない!助けが必要なあなたへ【解決策と撃退法を紹介】

【効果抜群】お局とうまく付き合う「ちょっとズルい3つの方法」

みんなから嫌われないようにしよう:「前の職場でこうしていた」はNG

「前の職場ではこうしていた」と言うと嫌われます。

「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるように、今の職場のやり方やルールがあります。

前職のやり方は胸の中にしまって、口に出さないようにしましょう。

業務改善などの理由で「前の職場ではどうしていたの?」と聞かれたときだけ話してOKです。

あくまでも謙虚に。

完璧主義を捨てよう:失敗してもいい

「100点でなければいけない」というマインドを捨てましょう。

完璧を求めると慎重になりすぎて、スピードや量が減少してしまします。

そもそも、転職直後の職員に質なんて期待していません。

まずはスピードと量を重視しましょう。

量をこなしていると、自然と質が上がっていきます。

「失敗から学ぶ」ことを意識して、転職後の失敗が許される時期に早めに失敗しましょう。

失敗してもいいのです。そこから学んで成長できるのですから。

「失敗は成功のもと」ですよ。

まとめ:転職した目的を忘れずに

今回は「転職後、頑張りすぎない7つの理由」について解説しました。

おさらいをすると次のとおりです。

<転職後に頑張りすぎない7つの理由>

  1. 新しい環境に慣れるのに時間が必要
  2. 長期的なパフォーマンスを維持するため
  3. 疲れやストレスの蓄積を防ぐため
  4. 創造性を引き出すため
  5. 自己成長とスキル向上のため
  6. ミスを防ぐため
  7. 幸福感と生活満足度を上げるため

重要なのは「何のために」転職したのかです。

会社に尽くして、心身が潰れるために転職したわけではありません。

あなたが幸せになるために転職したのです。

くれぐれも、頑張りすぎないようにしましょう。

最後まで読んでくれた、あなたを応援しています。

では、また。

===== 追伸 =====

最後まで読んでくれた、あなただけに介護士の悩みをピンポイントで解決する方法を紹介します。

あなたの悩みをピンポイントで解決

介護士の悩み・疑問 Q&A

悩みを解決してスッキリしましょう。

収入を増やしたい!
どうすればいいですか?

単発バイトをする

【履歴書・面接不要】介護士にオススメの単発バイト

転職してベースアップ

転職成功までのロードマップ

資格を取る:資格手当で給料アップ

稼げる介護の資格を厳選して紹介

介護福祉士合格への近道

夜勤を増やす:夜勤手当で給料アップ

夜勤の業務内容

上司やお局が意地悪です…
どうすればいいですか?

うまく付き合う

お局とうまく付き合う方法

気持ちをコントロールして気にしない

イジメられた経験と克服した方法

転職して二度と会わない

転職成功までのロードマップ

撃退する

パワハラを許さない!解決策と撃退法

労働環境が最悪です…
どうすればいいですか

業務改善する

業務改善をするコツ

会議でアイデアを出すコツ

ホワイト企業に転職する

介護業界のホワイト企業とは?

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
福祉・介護ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村
転職後、仕事を頑張りすぎない7つの理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【介護業界13年目の社畜】
資格:介護福祉士 介護支援専門員
施設のリーダー 採用から教育に関わる
モットー:やさしい介護
転職回数:5回

目次