【介護士オススメ】高齢者と会話するときのネタ5選 会話が盛り上がるコツを伝授

高齢者と会話するときのネタ5選

「高齢者との会話が続かない」

「会話のネタがなくて盛り上がらない」

高齢者との会話が続かなくて困ることありますよね。

会話が一瞬で終わってしまうと、その後、沈黙の気まずい時間が流れます。

生まれた時代が違うので、話題に困るのは仕方がありません。

高齢者との会話を盛り上げるためには、相手の興味や関心に合わせて、話題を選ぶことが大切です。

この記事では、高齢者との会話に困っているあなたのために、次のことを詳しく解説しています。

  1. 高齢者との会話のネタ
  2. 高齢者との会話のコツ
  3. 高齢者との会話で注意すること

会話を通じて、相手と信頼関係を築けるので、多少のミスも笑って許してもらえるようになりますよ。

<高齢者との会話のネタ>

  1. 趣味や興味のあること
  2. 家族や友人のこと
  3. 昔話や懐かしい話題
  4. 健康に関すること
  5. ニュースや時事ネタ

また、相手の話をよく聞き、質問をして話を膨らませていきましょう。

インタビューを意識すると、スムーズな会話ができますよ。

<高齢者との会話のコツ>

  • 傾聴(けいちょう)する
  • 相づちや表情を意識する
  • 自分との共通点を探す
  • インタビューを意識する

会話中に相手の地雷を踏まないように、次のことには注意しましょう。

あなたの信頼を失う原因になりますよ。

<高齢者との会話で注意すること>

  • タメ口や若者言葉は避ける
  • 下ネタや差別的な話題は避ける
  • 相手の体調や気持ちに配慮する

高齢者に限らず、誰にでも使えるコツも紹介しているので、あなたのコミュニケーション能力を上げるためにも、ぜひ最後までお付き合いください。

この記事を書いた人

名前:介護おじさん
年齢:41歳
資格:介護福祉士、介護支援専門員
☑介護士歴13年目

☑介護施設のリーダー職

☑ブラック企業からホワイト企業に転職

☑介護職のためになる情報を発信中

筆者の詳しい経歴はこちら

スーパーの精肉担当(超ブラック企業)
 毎日6時~21時までの長時間労働で体力の限界

本屋の店長(普通の企業)
 面接など職員の採用にかかわるが会社倒産

ITの会社で営業(超ブラック企業)
 きついノルマ・飛び込みの営業で精神消耗

CADオペレーター(ブラック企業)
 休みなし、こき使われまくりで精神崩壊

福祉用具専門相談員(ブラック企業)
 上司のパワハラがエグすぎて精神の限界

介護士(ホワイト企業) ☚今ここ
 転職の失敗を繰り返して介護士に落ち着く

当ブログの信頼性

当ブログは、複数のメディア様より

”おすすめのブログ”として紹介されています。

紹介された記事

MIRAISTEP介護士の人気ブログおすすめ10選【介護福祉士が解説!】

カイテク・メディア介護・看護に役立つ情報が知れるおすすめブログ・メディア23選!

目次

高齢者と会話するときのネタ5選

高齢者と会話しているイメージ画像

<高齢者と会話するときのネタ5選>

  1. 趣味や興味のあること
  2. 家族や友人のこと
  3. 昔話や懐かしい話題
  4. 健康に関すること
  5. ニュースや時事ネタ

趣味や興味のあること

高齢者と会話するときに、相手の趣味や興味のあることをネタにしましょう。

なぜなら、自分の好きなことや興味のあることを話すのは楽しいので、会話が盛り上がるからです。

「○○さんの趣味はなんですか?」

「○○さんは何が好きですか?」

介護施設に入居されている中には「趣味がない」と答える方もいます。

そんなときは、若いころの趣味や楽しみを聞きましょう。

たとえば、「犬を飼っていて一緒に散歩するのが楽しかった」ということを引き出せば、そこから話を膨らませていきます。

  • 犬の名前、品種、大きさは?
  • 犬との思い出は?
  • どんなところが好きだったか?
  • 犬を飼うきっかけは?

犬を飼うきっかけが「子どもが犬を飼いたい」だったら、次は子どもの話題を振っていきます。

家族や友人のこと

家族や友人のことは喜んで話してくれます。

とくにお孫さんや、ひ孫さんのことを話すときは目尻が下がり嬉しそうです。

相づちを打ちながら「立派なお孫さんですね」とほめたり、「ぜひ写真を見せてほしいです」と話を広げていきましょう。

ただし、家族と上手くいっていない方もいるので、相手のリアクションを見てイマイチなら話題を変えるべきです。

昔話や懐かしい話題

昔話や懐かしい話題を振れば、会話が長続きします。

なぜなら、相手の人生の方が長いので、ネタをたくさん持っているからです。

たとえば、子どもの頃にしていた「遊び」「学校生活」を聞いて、今の子どもと比較してみましょう。

昔と今の違いを知ることで、お互いに驚きや新たな発見があります。

昔の遊びには次のようなものがあります。高齢者が思い出せないときは、こちらから聞いてみましょう。

<昔の遊び>

  • めんこ
  • おはじき
  • あやとり
  • お手玉
  • コマ
  • 竹馬
  • 缶蹴り
  • 竹とんぼ
  • 紙風船
  • ビー玉
  • 将棋崩し
  • 鬼ごっこ
  • かくれんぼ
  • 木登り
  • リスト
  • リスト
  • リスト

健康に関すること

高齢者は健康なことをほめられると喜びます。

まずは、ほめてから話題を振りましょう。

「お元気そうですが、普段意識していることは何ですか?」

「姿勢がよくて、足腰もしっかりしていますね。元気の源は何ですか?」

「すごく若く見えますが、若さの秘訣は何ですか?」

ほめられて嫌な気持ちになる方はいないので、気分よく話してくれますよ。

ニュースや時事ネタ

高齢者が興味のありそうなニュースや時事ネタについて、日頃から情報を集めましょう。

全国ニュースもいいですが、ローカルなニュースも話が盛り上がりますよ。

たとえば、近所に新しいスーパーができるとか、どら焼きの美味しいお店があるとかです。

地元のことには関心が高いので、色々な情報を仕入れましょう。

高齢者との会話のコツ

コツを伝える介護士のイメージ画像

傾聴(けいちょう)する

傾聴とは、相手の話に真剣に耳を傾け、理解しようとする姿勢です。

相手が話しやすいように、傾聴を徹底しましょう。

傾聴の7つのコツ
  1. 傾聴する環境を整える
  2. 目線は相手に合わせる
  3. 相手を否定しない
  4. 相づちを打って共感する
  5. 相手の話を遮らない
  6. 自分の考えを押しつけない
  7. 最後に感謝する

傾聴のコツは過去記事のこちら傾聴とは?利用者さんの心を開き信頼関係を築く7つのコツで詳しく解説しています。

相づちや表情を意識する

高齢者と会話するときは、相づちや表情を意識しましょう。

なぜなら、「聴いている」という姿勢が相手に伝わるので、話しやすい雰囲気を作れるからです。

大げさだと思うくらい首を振ってうなずいたり、手を叩きながら笑ったり、会話が楽しいことを全身で表現しましょう。

相手が気分よく話しくてくれますよ。

相手との共通点を探す

会話の中で、相手の共通点を探しましょう。

なぜなら、共通する話題は盛り上がりやすいですし、共通点が多い人には好意を持つからです。

たとえば、出身地が同じだと親近感がわきますし、趣味が同じだと「趣味について話したい」という意欲がわきます。

できるだけ多くの共通点を探して、会話を盛り上げながら信頼関係を築きましょう。

インタビューを意識する

インタビューを意識すると、会話が続くようになります。

話す割合は9:1で相手に話してもらいましょう。

たとえば、次のような流れです。

「趣味は何ですか?」

「いつ頃からしているのですか?」

「始めたきっかけは何ですか?」

「どんなところが好きですか?」

「興味深いので、詳しく教えてください」

「勉強になりました。また今度、話を聞かせてください」

「ありがとうございました」

耳が遠い高齢者との会話のコツ

耳が遠い高齢者と会話するときは、視覚聴覚の情報を最大限に活かして、わかりやすく伝えましょう。

<耳が遠い高齢者との会話のコツ>

  1. 正面から話す
  2. ゆっくり話す
  3. 相手の表情をマネする
  4. 低めの声で話す
  5. ジェスチャーをつかう

詳しくは過去記事のこちら耳が遠い高齢者と会話するときのコツ5選を参考にしてください。

高齢者との会話で注意すること

禁止のイメージ画像

<高齢者との会話で注意すること>

  • タメ口や若者言葉は避ける
  • 下ネタや差別的な話題は避ける
  • 相手の体調や気持ちに配慮する

タメ口や若者言葉は避ける

高齢者と会話するときに、タメ口や若者言葉は避けましょう。

なぜなら、相手に失礼ですし、高齢者が若者言葉を理解するのは難しいからです。

高齢者は「ヤバい」とか「マジ」って聞いても意味が分かりません。

「それ、マジですか?ヤバいっスね」➡「それは本当ですか?すごいですね」

丁寧な言葉づかいと、正しい日本語で会話しましょう。

下ネタや差別的な話題は避ける

下ネタや差別的な話題は避けましょう。

下ネタを言ったり、相手に言わせると高齢者虐待(性的虐待)に該当します。

相手に不快な思いをさせるだけでなく、あなたが処分されてしまうのです。

また、民族、政治、宗教などを差別するような話題も厳禁です。

なぜなら、相手が関わっているものであれば、信念や価値観を否定することになるからです。

もしかしたら、家族や友人に関係者がいるかもしれません。

相手の体調や気持ちに配慮する

高齢者は座っているだけでも体力が消耗してしまいます。

相手の体調を観察しつつ、会話を進めましょう。

また、”戦争”など思い出したくないこともあります。

会話しているときに、相手の表情や声のトーンを観察して、触れられたくないことだと思ったら話題を変えましょう。

まとめ

今回は「高齢者と会話するときのネタ」と「会話が盛り上がるコツ」について解説しました。

おさらいすると次のとおりです。

<高齢者との会話のネタ>

  1. 趣味や興味のあること
  2. 家族や友人のこと
  3. 昔話や懐かしい話題
  4. 健康に関すること
  5. ニュースや時事ネタ

<高齢者との会話のコツ>

  • 傾聴(けいちょう)する
  • 相づちや表情を意識する
  • 自分との共通点を探す
  • インタビューを意識する

<高齢者との会話で注意すること>

  • タメ口や若者言葉は避ける
  • 下ネタや差別的な話題は避ける
  • 相手の体調や気持ちに配慮する

会話を盛り上げて、信頼関係を築きましょう。

最後まで読んでくれた、あなたを応援しています。

では、また。

===== 追伸 =====

最後まで読んでくれた、あなただけに介護士の悩みをピンポイントで解決する方法を紹介します。

あなたの悩みをピンポイントで解決

介護士の悩み・疑問 Q&A

悩みを解決してスッキリしましょう。

収入を増やしたい!
どうすればいいですか?

単発バイトをする

【履歴書・面接不要】介護士にオススメの単発バイト

転職してベースアップ

転職成功までのロードマップ

資格を取る:資格手当で給料アップ

稼げる介護の資格を厳選して紹介

介護福祉士合格への近道

夜勤を増やす:夜勤手当で給料アップ

夜勤の業務内容

上司やお局が意地悪です…
どうすればいいですか?

うまく付き合う

お局とうまく付き合う方法

気持ちをコントロールして気にしない

イジメられた経験と克服した方法

転職して二度と会わない

転職成功までのロードマップ

撃退する

パワハラを許さない!解決策と撃退法

労働環境が最悪です…
どうすればいいですか

業務改善する

業務改善をするコツ

会議でアイデアを出すコツ

ホワイト企業に転職する

介護業界のホワイト企業とは?

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
福祉・介護ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村
高齢者と会話するときのネタ5選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【介護業界13年目の社畜】
資格:介護福祉士 介護支援専門員
施設のリーダー 採用から教育に関わる
モットー:やさしい介護
転職回数:5回

目次