介護職に転職するときの不安を解消! 明るい未来を手に入れよう

介護職に転職するときの不安を解消! 明るい未来を手に入れよう

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

これから介護業界に飛び込みたいけれど、不安が多いですよね。

「未経験でも務まるのだろうか?」

「生活できるだけの給料をもらえるのだろうか?」

「40代、50代でも体力的に大丈夫なのだろうか?」

ぼくも未経験から介護業界に飛び込んだので、

不安になる気持ちがよくわかります。

結論を先に言うと、未経験でも大丈夫です。

まったく問題ありません。

ぼくは一般職のブラック企業を転々としていましたが、未経験で介護業界に飛び込み、介護職に落ち着きました。

現在介護士14年目で、4人家族ですが、家族を養うには問題ないだけの給料をいただいています。

ぼくの年収はこちら

介護職はノルマがないので、数字を追うストレスから解放されて、伸び伸びと働きたい方にはオススメですよ。

未経験の業界に飛び込むには勇気がいりますが、今の職場に不満があるのなら人生を変えるチャンスです。

この記事を最後まで読んで、

人生を変えてみませんか?

明るい未来がすぐそこで待っています。

この記事を書いた人

名前:介護おじさん
年齢:42歳
資格:介護福祉士、介護支援専門員
☑介護士歴14年目

☑介護施設のリーダー職

☑ブラック企業からホワイト企業に転職

☑介護職のためになる情報を発信中

筆者の詳しい経歴はこちら

スーパーの精肉担当(超ブラック企業)
 毎日6時~21時までの長時間労働で体力の限界

本屋の店長(普通の企業)
 面接など職員の採用にかかわるが会社倒産

ITの会社で営業(超ブラック企業)
 きついノルマ・飛び込みの営業で精神消耗

CADオペレーター(ブラック企業)
 休みなし、こき使われまくりで精神崩壊

福祉用具専門相談員(ブラック企業)
 上司のパワハラがエグすぎて精神の限界

介護士(ホワイト企業) ☚今ここ
 転職の失敗を繰り返して介護士に落ち着く

当ブログの信頼性

当ブログは、複数のメディア様より

”おすすめのブログ”として紹介されています。

紹介された記事

MIRAISTEP介護士の人気ブログおすすめ10選【介護福祉士が解説!】

カイテク・メディア介護・看護に役立つ情報が知れるおすすめブログ・メディア26選!

介護職が転職に失敗しないコツはこちらhttps://kaigo-ozisan.com/lp/recruitment-agent/

バイトアプリに無料登録するだけで、Amazonギフト券1,000円分のポイントGEThttps://kaigo-ozisan.com/lp/kaitechstlp/

目次

介護職に転職するときの不安と解決策

アドバイスする介護士のイメージ

介護職に転職するときの不安を分類すると、次の3つです。

  • 介護業界特有の不安
  • キャリアに関する不安
  • 転職活動に関する不安

【結論】

✅未経験からでも介護職の仕事は務まるし、家族を養うこともできます。

✅資格を取得するとキャリアアップできるので、実務経験を積むために一日でも早く行動すると有利です。

✅まちがえてブラック企業に引っかからないために、転職エージェントから情報収集をしよう。

それでは、詳しく見ていきましょう。

介護業界特有の不安を解消

介護士と利用者さんのイメージ画像

人手不足

公益財団法人介護労働安定センターによると、介護事業所全体において62.6%もの施設が人手不足を感じています。

人手不足が原因で閉鎖に追い込まれる事業所もあるくらいです。

長く勤めたいなら、事前に事業所をリサーチして転職先を決めましょう。

人手不足といえば、マイナスのイメージですがプラスに考えることもできます。

「猫の手も借りたい」と思っている企業が多いので、介護業界は売り手市場。

つまり、ホワイト企業を選んで働くことができるのです。

40代、50代の未経験者でも就職できるのが、人手不足であることの強みですね。

介護業界の人手不足について詳しく知りたい方はこちら介護業界はなぜ人手不足なのか?現場の介護士が肌で感じることを参考にしてください。

離職率

公益財団法人 介護労働安定センターの令和3年度「介護労働実態調査」によると、令和3年度の離職率は14.3%です。

離職率がピークであった平成19年度の21.6%からみると約3分の2まで低下しています。

出典:公益財団法人 介護労働安定センター令和3年度「介護労働実態調査」

事業所の取り組みや、国、地方自治体の政策により、働きやすい環境作りが進められているのです。

具体的には、介護職員処遇改善加算など国が介護職員の処遇を改善するために動いています。

令和6年2月からは、介護職員1名につき月に6,000円が国から支給されるようになりました。

さらなる処遇改善に期待しています。

介護職が離職する理由は何が多いのでしょうか?

公益財団法人 介護労働安定センターの令和3年度「介護労働実態調査」から男女別に辞めた理由をランキングにしました。

結論:男女ともに辞めた理由は、収入よりも人間関係が多い。

【男性】3,007名にアンケート調査(複数回答)

順位辞めた理由割合
1位将来の見込みが立たなかった26.5%
2位職場の人間関係に問題があった21.7%
3位収入が少なかった17.9%
4位施設・事業所の理念や運営に不満があった16.3%
5位他に良い仕事・職場があった15.9%
6位自分に向かない仕事だった13.9%
7位その他13.0%
8位人員整理・退職勧奨・法人解散・事業所不振のため11.3%
9位新しい資格を取ったから5.9%
10位定年・雇用契約満了4.4%
11位病気・高齢のため3.5%
12位家族の介護・看病のため2.7%
13位無回答2.4%
14位結婚・妊娠・出産・育児のため2.2%
15位家族の転職・転勤・事業所移転のため1.8%
出典:公益財団法人 介護労働安定センターの令和3年度「介護労働実態調査」

【女性】11,939名にアンケート調査(複数回答)

順位辞めた理由割合
1位結婚・妊娠・出産・育児のため20.7%
2位職場の人間関係に問題があった18.1%
3位収入が少なかった14.2%
4位他に良い仕事・職場があった13.4%
5位将来の見込みが立たなかった12.6%
6位その他11.7%
7位施設・事業所の理念や運営に不満があった11.1%
8位新しい資格を取ったから8.9%
9位人員整理・退職勧奨・法人解散・事業所不振のため7.3%
10位自分に向かない仕事だった6.9%
11位家族の介護・看病のため4.8%
12位定年・雇用契約満了3.8%
12位無回答3.7%
14位家族の転職・転勤・事業所移転のため3.5%
15位病気・高齢のため2.9%
出典:公益財団法人 介護労働安定センターの令和3年度「介護労働実態調査」

転職先の人間関係を知る方法は、レバウェル介護の転職エージェントから聞くのがオススメです。

情報収集だけでもOK!

登録がちょっと面倒だと感じるかもしれませんが、無料なので損をすることはありません。

むしろ、無料なのに利用しない方が損をしていると思いませんか?

登録の流れはこちら カンタン60秒

スクロールできます
ステップ1ステップ2ステップ3ステップ4ステップ5ステップ6ステップ7ステップ8(登録完了)登録確認画面

無料登録はこちらから

カンタン60秒で登録

年間80万人が利用!

給料

給料のイメージ画像

介護職員全体の平均月収

  • 月給・常勤者:31万7,540円
  • 時給・非常勤:12万1,000円
スクロールできます
平均値特別養護老人ホーム介護老人保健施設 訪問介護 デイサービス有料老人ホームグループホーム
月収(月給者)34万8,040円33万9,040円31万5,170円27万5,620円31万3,920円29万1,080円
月収(時給者)14万1,980円13万8,660円10万7,200円11万7,240円14万0,050円13万7,610円
労働時間(月給者)162.9時間159.5時間167.1時間163.2時間165.3時間165.3時間
労働時間(時給者)104.8時間103.1時間66.8時間94.2時間104.9時間104.6時間
年齢(月給者)41.0歳41.9歳48.8歳45.5歳43.1歳47.5歳
年齢(時給者)52.3歳51.0歳59.3歳53.5歳54.6歳58.6歳
勤続年数(月給者)9.3年10.4年8.2年8.1年7.4年8.0年
勤続年数(時給者)8.1年8.7年9.2年6.4年6.9年7.3年
出典:厚生労働省(令和4年度介護従事者処遇状況等調査結果)P157~171

カンタン60秒で登録

優良求人をチェックしてみませんか?

介護職が給料を上げるためには、次のような方法があります。

  • 資格を取る
  • 役職に就く
  • 夜勤をする
  • 副業をする

給料を上げる方法を詳しく知りたい方はこちら【新常識】介護職の給料を上げる方法3選!年収アップ完全ガイド

年齢・体力面

介護職員の平均年齢は47.7歳です。

ぼくの職場では、60代で入職される方もいるし、70代でバリバリ働いている方もいます。

年齢に関係なく働けるので、心配ないですよ。

出典:厚生労働省「介護労働の現状と介護雇用管理改善等計画について」

キャリアに関する不安を解消

明るい未来を手に入れた介護士のイメージ画像

介護職としてのキャリアをスタートしたら、どのような未来が待っているのかを解説します。

介護職は資格を取得することがキャリアアップにつながるので、シンプルでわかりやすいです。

福祉系の学校を卒業しなくても、介護福祉士(国家資格)を取得できるので、未経験でもキャリアアップできるのが強みですね。

スキルアップ

介護士としての知識や技術は先輩が教えてくれたり、職場の研修で学ぶことができます。

「働いていると嫌でもスキルが身につく」と言ったほうがいいかもしれません。

未経験でも大丈夫です。

キャリアアップ

無資格からキャリアをスタートした場合は、次のような流れでキャリアアップすることができます。

STEP
介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは、介護職の基本的な知識・技術を習得する研修です。介護職として働くなら最初に取得するべき資格。

実は、お金をかけずに資格を取得できる方法があります。

それは、転職サイト「かいご畑」キャリアアップ応援制度を利用する方法です。

資格取得にかかる費用の相場は5~8万円ですが、0円で資格を取得できるのならお得ですよね。

転職サイトに登録するのが面倒かもしれませんが、無料カンタンに登録できます。

無料で資格を取得できるのに「かいご畑」を利用しないのは損ですよ。

あなたもお得に資格を取得しませんか?

\ 働きながら0円で介護資格が取れる /

STEP
実務者研修

実務者研修とは、介護職員初任者研修の上位に位置づけられる資格です。介護福祉士の受験要件には「実務者研修修了」が必須なので、将来、介護福祉士になりたいのなら必ず取得しなければいけません。

資格取得の条件はなく、研修を受ければ取得できます。

<資格取得するまでの目安>

  • 無資格の場合は6ヵ月程度
  • 介護職員初任者研修の方は2か月程度
STEP
介護福祉士

介護福祉士とは、介護職の最上位にあたる国家資格です。

実務経験3年+実務者研修修了で受験することができます。

介護福祉士について詳しく知りたい方はこちら【合格体験記】介護福祉士国家試験の勉強法と集中力を高めるコツ

STEP
ケアマネジャー

ケアマネジャーとは、介護を必要とする方が介護サービスを受けられるようにケアプラン(サービス計画書)を作成したり、利用者さんが自立した生活を送れるようにサポートする専門職です。

介護福祉士として5年働けば受験することができます。

介護業界の将来性

介護業界はこれからも需要が高まる市場なのは間違いありません。

なぜなら、将来は2.6人に1人が65歳以上の高齢者になると、内閣府が発表しているからです。

出典:内閣府「令和3年版高齢社会白書」

高齢者が増えるということは、介護サービスを利用する人が増えるということです。

介護職のニーズはますます高まるでしょう。

これからも成長する産業なので、安心して働くことができます。

あなたも安定した介護職で働いてみませんか?

介護職の将来性について、詳しくはこちら介護業界の今後を予想 これから介護職を目指すのはあり?

転職活動に関する不安を解消

転職活動をしている介護士のイメージ画像

転職活動の不安を解消するためには、転職エージェントに相談するのがオススメです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関するプロですから。

困ったときは、その道のプロに相談するのが一番だと思いませんか?

体調の悩みは医師に、

法律の悩みは弁護士に、

転職の悩みは転職エージェントにです。

情報収集

転職エージェントにお願いすれば、自分で情報収集する必要はありません。

希望する条件を伝えれば、あなたにピッタリの職場を探してくれますから。

レバウェル介護なら、職場の雰囲気や人間関係まで詳しくをしてくれますよ。

転職エージェントの中でもレバウェル介護が人気の理由は、ネガティブなことでも正直に教えてくれるからです。

企業にとって都合の悪いことでも、隠さないで教えてくれると信頼できますよね。

転職エージェントに迷う必要はありません。

レバウェル介護で信頼できる情報を手に入れませんか?

無料登録はこちらから

カンタン60秒で登録

年間80万人が利用!

履歴書作成

履歴書を書くときに「何を書けば印象がよくなるのか?」を考えてペンが止まってしまいますよね。

そんなときは、自分で考えずに例文を参考にしましょう。

もう悩む必要はありません。

過去記事から、履歴書に役立つ例文を紹介します。

履歴書の例文はこちら

介護業界の志望動機 思いつかない悩みを即解決!

介護職の自己PR 思いつかない悩みを即解決!

転職エージェントは履歴書の添削をしてくれるので、あなたを売り込むためのアドバイスをしてもらいましょう。

面接

面接で失敗しないために、過去記事を紹介します。

不安になったらチェックしてみましょう。

介護士が面接の不安を吹き飛ばす方法

介護職の面接NG集 これをしたら不採用です

介護職の面接よく聞かれる質問9選

【裏技】介業界で圧迫面接をうまく切り抜ける方法

まとめ

今回は「介護職に転職するときの不安と解決策」について解説しました。

介護業界は、

  • 資格を取得するとこでキャリアアップできる
  • 人手不足の業界なので、40代、50代でも採用される
  • これからますますニーズが高まる

未経験でも心配ありません。

ぼくも未経験からスタートして、10年以上介護士をしています。

毎日楽しく働いていますよ。

転職活動の不安は転職エージェントに解消してもらいましょう。

悩む人

転職エージェントを利用しないとどうなるの?

転職エージェントを利用しないと……
  • 自主的に求人を探さなければいけない
  • 非公開の優良求人を知ることができない
  • 企業との日程調整を自分で行う
  • 給料交渉を自分で行う
  • ブラック企業に引っかかる可能性がある

その道のプロに無料で相談できるのですから、

転職エージェントを利用しないのは損ですよ。

あなたにピッタリの職場を紹介してもらって、伸び伸びと働いてみませんか?

無料登録はこちらから

カンタン60秒で登録

年間80万人が利用!

===== 追伸 =====

最後まで読んでくれた、あなただけに介護士の悩みをピンポイントで解決する方法を紹介します。

介護職が転職に失敗しないコツはこちらhttps://kaigo-ozisan.com/lp/recruitment-agent/

あなたの悩みをピンポイントで解決

介護士の悩み・疑問 Q&A

悩みを解決してスッキリしましょう。

収入を増やしたい!
どうすればいいですか?

単発バイトをする

【履歴書・面接不要】介護士にオススメの単発バイト

転職してベースアップ

転職成功までのロードマップ

資格を取る:資格手当で給料アップ

稼げる介護の資格を厳選して紹介

介護福祉士合格への近道

夜勤を増やす:夜勤手当で給料アップ

夜勤の業務内容

上司やお局が意地悪です…
どうすればいいですか?

うまく付き合う

お局とうまく付き合う方法

気持ちをコントロールして気にしない

イジメられた経験と克服した方法

転職して二度と会わない

転職成功までのロードマップ

撃退する

パワハラを許さない!解決策と撃退法

労働環境が最悪です…
どうすればいいですか

業務改善する

業務改善をするコツ

会議でアイデアを出すコツ

ホワイト企業に転職する

介護業界のホワイト企業とは?

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
福祉・介護ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村
介護職に転職するときの不安を解消! 明るい未来を手に入れよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【介護業界14年目】
資格:介護福祉士 介護支援専門員
施設のリーダー 採用から教育に関わる
モットー:やさしい介護
転職回数:5回

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次